« 山川地熱発電所 | トップページ | 『企業の環境新時代と循環型社会の探求』 »

2008年12月31日 (水)

日本一視察が多いスーパー「ハローデイ」

S20081231_1 S20081231_6 S20081231_231日(水)は鹿児島から移動して、午後門司へ。■北九州市内にある日本一視察が多いスーパー、ハローデイの“感動経営”の視察でした■福岡県を中心に35店舗を展開するハローデイ。売上高は約530億円、経常利益15億円。バブル崩壊後、経営危機に陥ったが、その後は16期連続で増収増益を続けている■本日は門司区の西門司店へ。食品らしからぬ売り場。木で作った蒸気機関車の模型が商品棚の上に飾ってあり、それは子供が乗れそうな大きさである。驚いたことには、怪獣の足と口先が天井から飛び出ているのです、今にも売り場に襲ってきそうな姿です。別の売り場はメルヘンの世界の童話にでてくるような絵が描かれています■ハローデイの売り場は「アミューズメント・フードホール」。趣向を凝らしたディスプレーで店内を飾り付けているのは、楽しいディスプレーで客をもてなし、買い物を楽しんでもらうために。買い物で感動してもらうために工夫されていました。S20081231

|

« 山川地熱発電所 | トップページ | 『企業の環境新時代と循環型社会の探求』 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。