« 強い会社のすごい共通点 | トップページ | 言葉の花束「集中力アップ術」 »

2008年12月 4日 (木)

失われ続ける世界の自然環境と生物多様性

サスティナブル経営格付け・診断2008では「生物多様性の保全」の調査項目があります。■組織、企業のあらゆる活動は生物多様性の恩恵を享受して成立していることを認識、当該活動が生物多様性と生態系にどのような影響を与えいるかを的確に把握し、その影響を回避あるいは最小化するために有効な対策を講じているか。■5月の第9回生物多様性条約締約国会議においては、ドイツ政府は「イニシアティブには、7項目からなる企業として生物多様性の保全に深くコミットするリーダーシップ宣言にトップが署名した企業が34社参加した。■このうち9社は日本企業である。■リコーセキスイハウス鹿島富士通森ビル三井住友火災海上サラヤアレフ(レストラン)も9社です。各社の生物多様性への取り組みをホームページからご確認ください。■2010年は、「生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)」 が名古屋で開催され、日本は議長国を務めます。■パンフレット「生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)」■生物多様性条約会議迫る 「2010年」の約束は果たせるか

|

« 強い会社のすごい共通点 | トップページ | 言葉の花束「集中力アップ術」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。