« LA萌DIEのクリスマスコンサート | トップページ | ディープ・エコロジー »

2008年12月24日 (水)

会社のすべてを見える化

S20081225 ISOマネジメント1月号の特集は「ISO9001を機軸とした全社マネジメントシステムの見直し」です。■ISO9001の要求事項は組織の目標を達成するためのツールとして使われるものです。■経営のトップの立場にある人は、ISOを使ってどういう目的で何を成果として出したいか。その目的を実現するために、ISOをツールとして導入するわけですから、そのツールが役に立って成果が出ているかどうか、仕組みや活動はどうかなどを、トップ自らが評価しなくてはならない(4ページより)。
正木英昭著「会社のすべてを『見える化』する実務」ではマイナス情報を一目でわかるようにして、管理・改革を迅速・効果的に実施することを、図などを多く使ってわかりやすく説明しています。

|

« LA萌DIEのクリスマスコンサート | トップページ | ディープ・エコロジー »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。