« 「感動」は一瞬にして人生を変える | トップページ | 事業継続のためのリスク管理としてのBS25999 »

2009年1月 7日 (水)

病院のISO認証登録

7日(水)朝8.00人間ドッグへ。メタボは七草粥か■病院の1階に「ご意見箱でのご意見」の中に、「ISOに対する意見」が掲示されていました。▼【ご意見】玄関入口のところに「ISO9001」の看板があるが、患者としては実感がない。ISOの取得や更新には多大な職員の労力および費用がかかる。民間企業においてはその費用対効果から、取得したものの更新を行わないところが多くなってきている。また、国立大学付属病院(中小規模は除く)においてもISOの取得は見られない。これらのことからISOの更新は行わず、職員の労力はサービス面へ、金銭面については、経費削減が叫ばれている中、有効に使用していただくよう切に希望する。
▼【回答】(-----前文省略)、内部監査で十分機能できる確信が得られましたら、外部監査や更新は不要になるものとも考えます。今後の検討課題です。ご指摘ありがとうございます。
■午後は東大阪市内の企業の内部監査指導でした。■ISO(世界標準化機構)が11月11日に、2007年末の世界のISO登録件数を発表しました。■ISO9001及び14001のトップが中国。9001の日本の登録件数は73176で3位。ISお14001の日本の登録件数は27955件で2位。ISO/IEC27001の登録件数は日本が4896件でトップでした。

|

« 「感動」は一瞬にして人生を変える | トップページ | 事業継続のためのリスク管理としてのBS25999 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。