« “低炭素社会”への道 | トップページ | 2009年の世界はどうなるか? »

2009年1月 3日 (土)

風は呼吸、水は血液

3日(土)のラジオのこころの時代は造形作家:新宮晋さんの「風は呼吸、水は血液」を聞きました。■40年近く、風や水という自然エネルギーで動く作品を作り続けておられます。■関西国際空港の「はてしない空」や、東京・銀座のメゾン・エルメスの「宇宙に捧ぐ」など、新宮晋さんの「動く彫刻」は、日本だけではなく世界各地で、風の存在を美しく楽しく人々に訴え続けています。■新宮さんの夢は風力、太陽光、波動など自然エネルギーだけで自立する村を作ること。名づけて「ブリースィングアース(呼吸する大地)」。「その村では、海洋学、農学、天文学、機械工学などの研究家や技術者が共同して、未来の地球での生き方を研究していきたい」「風力発電をデザインができたので、作ってくれるところを世界から公募します」。
■新宮晋さんの作品は下記のホームページから見ることができます。
<ぶんか探訪>高揚感誘う美の小宇宙──新宮晋さんと行く関西国際空港(2008/07/17配信)
新宮 晋: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
■新宮晋 展― ウインドキャラバンの記録
■新宮 晋(1999までの作品
■三田からの発信「世界が待ち望む芸術家」造形作家・新宮 晋さん
WIND CARAVAN
円空大賞 新宮 晋
■円空大賞 新宮 晋の作品
■「時のシルエット」第20回現代日本彫刻展2003
はてなキーワード:新宮 晋

|

« “低炭素社会”への道 | トップページ | 2009年の世界はどうなるか? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。