« 2009年の世界はどうなるか? | トップページ | 「感動」は一瞬にして人生を変える »

2009年1月 5日 (月)

無限恐慌の危機を絶つ

20090105 5日は小寒、この日から節分までを「寒の内」、冬の寒さが一番厳しい時期となります■仕事はじめ。5日発売の経済週刊誌は経済危機にどう対応するかを取り上げています。
日経ビジネス1月5日号は「日本主導、無限恐慌の危機を絶つ」の特集。
週刊ダイヤモンド1月10日号は「デフレ再来」。
週刊東洋経済1月10日号は「若者危機」。
週刊エコノミスト1月13日号は「デフレ深刻」。
■三井住友銀行のマンスリー・レビュー2009.1号の内容は
視点:「景気急変下の企業経営」
経済トピックス:①「景気後退色が強まる2009年のわが国経済」
        ②「介護保険制度の課題と展望」
社会トピックス:「2009年春季労使交渉の課題」
アジアトピックス:「国際金融市場の混乱とアジア諸国の政策対応」
データアイ:「2009年度関西経済の見通し」
■マンスリー・レビューは危機回避策と同時に、売上高を拡大させる新たな事業戦略を模索することも必要。■考えられる方策の第一は、海外における成長市場の開拓。第二は、中長期的な構造変化によって生まれる成長分野の開拓です。代替エネルギーの開発が最も有望な市場と見られます■ガンブリア宮殿でのカルロス・ゴーン社長の言葉は「解決の糸口は社員の中にある」でした(危機に立ち向かう時の考えは?)。

|

« 2009年の世界はどうなるか? | トップページ | 「感動」は一瞬にして人生を変える »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。