« キング牧師の日 | トップページ | オバマ大統領就任演説:『新時代の責任』 »

2009年1月20日 (火)

オバマ大統領就任特別企画セミナー

S20090120S20090120_3S20090120_2   20日、大阪大学中之島センター7階セミナー室でのJETRO米国新大統領就任特別企画に参加しました。■世界が同時不況に突入する中で、オバマ次期米大統領が20日の就任にあわせ、ジェトロ・ニューヨーク・センターの調査部ディレクターとジェトロ北米課の専門家が
米国の経済・通商政策をわかりやすく説明されました。
■1.米国経済の現況と展望
     ①米国経済の現況:住宅価格が底をうつのが2010年11月?
  ②米国経済の展望~新政権の経済政策に期待~
  ③日米の経済相互依存~くすぶるドル安懸念~ 
■2.オバマ新政策2009年の政策見通し
  ①新政権、新議会の布陣
  ②今後の予定
  ③新政権発足後の政策見通し
  ④産業への影響、その他
  キーワード:ペイゴー原則、公正、法の執行、議会
■3.オバマ政権の通商戦略、対中・対日政策
  新政権の通商政策
   (1):自由貿易に逆風、優先度は低い
   (2):政権、議会の関心①執行強化、②労働と環境、③貿易調整支援、
   (3):米韓FTA
   (4):対中政策   
   (5):対日政策
20081212 ■オバマ大統領が尊敬している、あの有名なリンカーンの「ゲティスバーグ演説」は文字にして、僅か1449字、272語。■オバマ大統領就任演説文づくりは大統領と27歳の若手ジョン・ファブロ氏、デービッド・アクセルロッド次期大統領上級顧問の3人で演説内容を話し合って練り上げられた。■どんな演説でしょうか? 楽しみです。

|

« キング牧師の日 | トップページ | オバマ大統領就任演説:『新時代の責任』 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。