« 生物多様性国家戦略 | トップページ | 『企業の環境新時代と循環型社会の探求』 »

2009年2月 3日 (火)

中小企業とSR

3日(火)は「SR事例大阪シンポジウム」へ参加しました。本シンポジウムは平成20年度経済産業省の調査研究委託事業の一環として開催されました。
■「中小企業とSR」経済産業省の説明。
■中小企業の取組み事例紹介「株式会社尾鍋組
銀行やNPO法人と連携し「自然石の地盤改良工事へ住宅ローンの金利優遇を適用する国内初のビジネスモデル」を構築し環境にやさしい地盤改良工法の普及に取り組んでいる。
■中小企業の取組み事例紹介「新江州株式会社循環型社会システム研究所M・O・H通信編集長」
捨てられる運命にある梱包資材製造販売業。環境に配慮した企業の生き方、個人のライフサイクルの変革のために環境情報満載の「もう通信」発行を通じて啓蒙活動をしている。
■中小企業の取組み事例紹介「株式会社美交工業」。
ビルメンテナンス業を営み、主に公共施設等の維持管理業務を受託。知的障害者の雇用をきっかけに、「人と環境とのつながりを大切にした社会づくり」を理念として掲げ、慈善や貢献ではなく、事業活動を通じたサービスとして捉えることで、CSRが営業戦略となり、持続可能な活動が展開できるようになった。環境福祉事業ではホームレス等の雇用促進、園芸福祉活動など幅広い活動を実践している。■中小企業の立派なCSR活動の報告でした。

|

« 生物多様性国家戦略 | トップページ | 『企業の環境新時代と循環型社会の探求』 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。