« 循環型社会への取組み「熱源利用、有機農法、食品廃棄物など」 | トップページ | 言葉の花束:「感動の積み重ねが人生を豊かにする」 »

2009年2月19日 (木)

循環型社会形成促進と事業成功のポイント

S20090219 19日、循環型社会形成促進に向けて産・官・学・民が協働して何に取り組まなくてならないかを、大阪市環境表彰選考委員会・委員長で大阪市立大学大学院の惣宇利教授がご講演されました。
■基調講演「環境共生と循環型社会形成促進に向けて」惣宇利教授                                    
■講演「大阪市が取り組む環境対策の課題と展望」          
■受賞記念講演1 「涼霧システムによるヒートアイランド対策」株式会社いけうち            
■受賞記念講演2 「積水化学グループの環境への取り組み」           
■環境基本法(平成19年改正)、第二次循環基本計画の四つのポイント、地域循環圏について解説された。■経済成長と環境の両立のためには、これまで以上に「エネルギーの生産性向上」が必要です。■大阪市内で環境保全活動に関して顕著な功績のあった事業者、株式会社いけうちと積水化学グループの2社の記念講演があった。■「地球が存続できるかどうかは、思いやりの心を育めるかどうかにかかっている」―これは、心理学者ポール・エクマン氏の言葉です。
S20090219_5S20090219_3S20090219_1   ■桑蓬会第280回例会は甲子園大学教授・塩見法弘さんのご発表でした。塩見様の20年近いコンサルでの貴重なご経験にもとづく示唆に富むすばらしいお話をいていただき本当にありがとうございました。

■テーマは「デジタル社会での事業・ユビキタス市場」
I   デジタル社会
II  マーケテイングと顧客感動
III 成功のポイントと新分野
IV 事例とユビキタス市場
■II-1 事業成功のポイント
   変化を見抜く(時流をとらえる)
   真の危機感と実行力
   人を見る目と育てる仕組み作り
   人間性(人間の器と心のあり方)
   失敗を恐れずすぐ実践
   学び癖と素直
   プラス思考 
■III-5 起(事)業成功の3要素
1)ビジョン
   明確なビジョン
   戦略と方向性
2)リーダーシップ
   社内外の仲間への動機付け
3)成功への確信と努力
   成功への確信
   たゆまざる努力と行動

|

« 循環型社会への取組み「熱源利用、有機農法、食品廃棄物など」 | トップページ | 言葉の花束:「感動の積み重ねが人生を豊かにする」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。