« 環境対策と市場経済の積極的な両立 | トップページ | 再生利用可能なエネルギーへの転換 »

2009年3月30日 (月)

カーボン・オフセット認証制度は4月から

環境省は、地球温暖化防止対策の「カーボン・オフセットの取組に対する第三者認証機関による認証基準(Ver.1.0)」を3月18日付けで公表した。■カーボン・オフセットの取組を広め、市民、企業、NPO/NGO、自治体、政府等の社会の構成員の自発的な取組を促進するためには、カーボン・オフセットの取組について信頼性を構築していく必要がある。■環境省では、平成20年2月に「我が国におけるカーボン・オフセットのあり方について(指針)」をとりまとめ、平成20年10月に「カーボン・オフセットの対象活動から生じるGHG排出量の算定方法ガイドライン」や「カーボン・オフセットの取組に係る信頼性構築のための情報提供ガイドライン(Ver.1.0)」を策定してきた。■今回の基準は、カーボン・オフセットフォーラム(J-COF)「カーボン・オフセットに係る透明性の確保、第三者認証及びラベリング」ワークショップにおいて、検討を行い、パブリック・コメント(平成20年10月30日~11月11日)を経てとりまとめられた。■今回の基準に基づき、気候変動対策認証センター(社団法人海外環境協力センター内)が、4月からカーボン・オフセットの取組に対する第三者認証・ラベリングを実施するとのこと。

|

« 環境対策と市場経済の積極的な両立 | トップページ | 再生利用可能なエネルギーへの転換 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。