« 生物多様性の保全 | トップページ | 循環型社会の本格化 »

2009年3月14日 (土)

コーチングと「ヒーローインタビュー」

20090314 14日(土)は出前研修に出かけました■午前中8.00--11.30大阪市東住吉区内の企業で■テーマは「リーダーの役割」「部下の満足度と相関を持つ項目は何か」■午後は大和高田市内の企業で、テーマは「企業ビジョンとミッションの策定」「コーチングの指導の仕方」でした。■「ヒーローインタビュー」、上司が部下に質問するのは、その人がこれまでの仕事で一番頑張ったこと、充実していたときのことを、成功体験など聞き出す。■できるかぎり、具体的に細かく、その時の情景を思い浮かべながら、映像的に話してもらうのがポイントです。■部下に対して「やる気を出せ」と命令しても、モティベーションは高まりません。しかし、上司がほんの数分、部下の過去の成功体験に耳を傾けることで、やる気アップにつながります。■もう一つ、上司・部下間の心理的距離が近くなり、親近感が高まるという効果があります。■「すべての人が、いつかその人なりの形で、ヒーローになる可能性をもっている」という考え方です(日経文庫・コーチング入門、P100~103)

|

« 生物多様性の保全 | トップページ | 循環型社会の本格化 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。