« 中小企業CSRとかばんの総合病院・山澤工房 | トップページ | チャレンジ »

2009年4月13日 (月)

働き方

S20090413_17S20090413_2  13日(月)は17.30から20.30研修のテーマは「業務の力量の向上策」でした。
■14日・15日のこころの時代は京セラ名誉会長・稲盛和夫さんの「逆境の時代を生き抜く」の放送があります。
稲盛和夫著「働き方~なぜ働くのか、いかに働くのか~」
20090413 ■「最高の働き方」とは? 主なことばを下記します。
○仕事に「恋をする」。
○昨日より「一歩だけ前へ出る」。
○一見不幸なように見えて、じつは幸せなこと。
○イノベーションに至る「確かな地図」。
○願望を「潜在意識」に浸透させる。
○能力を未来進行形で考える。
○ど真剣に働く──「人生を好転させる」法
○誰にも負けない努力は、自然の摂理 。
○「掃除一つ」でも人生は変わる 。
○素人の力──「自由な発想」ができる。
○「製品の泣き声」に耳を澄ませてみる 。
○あえて「人が通らない道」を歩く。
○最後の「一パーセントの努力」で決まる。
○反省ある毎日を送る。
○継続する力──「平凡な人」を「非凡な人」に変えるもの 。
■ 「人生・仕事の結果」=「考え方×熱意×能力」

|

« 中小企業CSRとかばんの総合病院・山澤工房 | トップページ | チャレンジ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。