« ISOをどうやって活用していけばいいのか | トップページ | 太陽経済革命 »

2009年4月19日 (日)

「ニューリー」のスキャナー

S20090419_7S20090419_4S20090419_6   19日(日)のルソンの壷は「"脱下請けで生き残れ"、~驚きスキャナー開発秘話~」でニューリーの井田社長でした。■食品サンプルのディスプレーから映画のセット、貴重な文化財・美術品の複製にいたるまで、リアルさが求められる様々な場所で利用されているスキャナーです。■京都の「ニューリー」のスキャナーは読み取るものの陰影や立体感までも再現でき、ふすま、畳、障子、扇子、木材、竹、お菓子まで、紙に印刷さした画像。■従来のカメラ撮影では得られない、次世代のデジタル・サインディスプレー。■スキャメラ・ウェブ ギャラリーへ
■朝から天気が良いので、9時から造幣局の桜の通り抜けへ出かけてきました。昨日の入場者は152,220人、今日も朝から多い人出となりそうです。■鳥取県智頭のお豆腐S20090419 S20090419_3 のお店『楽粹』より宅急便で美味しい【極吟豆腐】をいただきました。■豆腐の美味しさは「一滴の水に有り」と 言われます。「轆轤の水」は杉林の奥深く、大自然に抱かれた芦津の里(鳥取県)に湧き出る、 混じり気のない限りなく純度の高い岩清水です。

|

« ISOをどうやって活用していけばいいのか | トップページ | 太陽経済革命 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。