« 内部監査の三つのタイプ | トップページ | 社員の構成や特性を「見える化」し把握する »

2009年5月15日 (金)

挑戦する勇気

S20090515S20090515_1S20090515_3   15日(金)、午前中は個人情報保護マネジメントシステムとISO9001の統合でした。■午後の企業は第一次審査の是正処置の対応指導でした。■夜の研修はISO9001の社員勉強会でした。
20090515_04三田評論4月号の特集は「激変する雇用」です。■ILO基準の失業者のうち、何%の人が失業者給付を受けているか。ドイツが87%、フランスが82%、イギリス60%、アメリカ43%、日本は23%に過ぎない。■フランスは失業したときにもらっていた賃金の80%を2年間保障している。非正規でも半月か一ヶ月働いたら、一年間その80%はきちんと保障する。だからフランス人は働かないんだ?(三田評論P.25)■平成20年度大学卒業式(3月23日)での塾長式辞で、卒業生へ贈るの三つの言葉は、「開かれた精神」、「端正な態度」、「挑戦する勇気」。■何事にも挑戦する勇気をもってもらいたい。自分に挑戦する。未来に挑戦する、時代に挑戦する勇気をもってもらいたい。■じっくりと合理的にものごとを考えて、これで間違いないと思ったら勇気をもって断行する。それが「挑戦する勇気」ということであります。■それを貫くには、我慢も必要でありましょう。苦労を我慢する、耐えることも挑戦する勇気の一端であります(P.55)■三人閑談「春は自転車に乗って」(P68)。この春はまだ自転車に乗っていないので、乗ってみたくなりました。

|

« 内部監査の三つのタイプ | トップページ | 社員の構成や特性を「見える化」し把握する »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。