« 環境経営のスーパーマーケット・ニシヤマ | トップページ | 「感動」で売れ! 「体験」で売れ! »

2009年5月25日 (月)

REACH、EuP対応戦略

200905276 25日、日経エコロジー6月号の特集は『日本企業のREACH、EuP対応戦略  欧州規制に負けるな!』です。■史上最大の化学物質規制といわれるREACH。30を超える広範なカテゴリーで省エネ基準などを設定するEuP。EU(欧州連合)は、先進的な環境規制とともに新しいビジネスルールを広めるべく攻勢に出ている。最低限の法令順守で切り抜けようとするのか、長期的な経営戦略に果敢に組み込むのかで、その対応は全く異なる。日本企業はどちらを選ぶのか。■既存化学物質の安全性評価が進まないこと等を克服するため、2001年よりEUは新たな化学物質規制への取組を始め、REACH規則が、EU内部での法制化審議手続を経て、2006年12月に採択され、2007年6月に施行された。■日経エコロジー6月号の読みどころをチェック! http://emf.nikkeibp.co.jp/emf/eco/saishingo/index.html
20090527■環境省のREACH関連情報
EU加盟国によるREACH規則高懸念候補物質レポート―要約
欧州連合 - EUの 化学品規制REACH
REACH(欧州化学品規制)について(経済産業省)
ここが知りたいREACH規則(J-NET21)
■外務省: EUの新たな化学物質規制(REACH規則案)の動向
■REACH研究会/編著 「図解REACH規則と企業対応」 日刊工業新聞社
パナソニック、欧州の化学物質管理規制「REACH」に拡大対応(2008.12.10)
パナソニック、REACH対応を強化

|

« 環境経営のスーパーマーケット・ニシヤマ | トップページ | 「感動」で売れ! 「体験」で売れ! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。