« 分りやすい教え方 | トップページ | REACH、EuP対応戦略 »

2009年5月24日 (日)

環境経営のスーパーマーケット・ニシヤマ

2009052424日(日)の「ルソンの壺」は福知山のスーパーマーケットNISHIYAMAです。“よそにないもの”にこだわる個性派スーパー・ニシヤマは環境経営に取り組んでいます。■京都・福知山に本社を置く「スーパーマーケット・ニシヤマ」。 小さな地方スーパーが全国のスーパー経営者に注目されている。■その秘密は、お客が楽しめるよう工夫された売り場や300種類を超えるオリジナル商品。■社員のアイデアで煮魚の実演販売もしています。■北海道厚岸産のサンマを鳥取・境港で加工した100円のみりん干しなど、“よそにないもの”にこだわっている。■競争の激しい流通業界で生き抜くために、独自の取り組みを続ける個性派スーパーの経営哲学とは?■それは社員一人一人が与えられた仕事を通じて自分の能力という財産を高め、研磨する中で、自らが考え、工夫し、改善しつづける中で生まれています。■PHP出版『農業が日本を救う』(著者 財部 誠一さん)にて紹介■アイ・オー・データ機器のLCD-USB7XBはUSBケーブル1本だけで、手軽にマルチディスプレイ表示ができます。「どこでも2画面」活用術をご覧ください。■アイ・オー・データ機器のセグクリップGV-SC300はパソコンのUSBポートに接続して手軽にワンセグ放送を「見る・録る」できます。

|

« 分りやすい教え方 | トップページ | REACH、EuP対応戦略 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。