« 共生社会を実現する環境経営 | トップページ | 挑戦する勇気 »

2009年5月14日 (木)

内部監査の三つのタイプ

20090515 14日(木)、中小企業診断士ISO研究会は今後の進め方を検討した。■ISOの新規取得と取得済みISOの改善の成功事例を集めて対外的に発表し、顧客開拓に結びつける。同時に失敗事例も集め、会員のスキルアップに活用する。ISOの成功事例を「見える化」で客観視できる方法を研究する。■次回の7/9はISO14005(中小企業向け環境規格)の研究■アイソス6月号の 特集は「The ISO 監査論」です。
■重点指向型内部監査の三つのタイプを紹介している。
1)ルール遵守確認/防衛型
  重点項目:適合性(監査基準の理解が重要)
2)改善の機会発見/攻撃型、傍目八目活用型
  重点項目:有効性(監査技術が重要)
3)問題解決・問題達成/介入・抑圧型
  重点項目:改善プロセス(問題の特定~是正)

|

« 共生社会を実現する環境経営 | トップページ | 挑戦する勇気 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 共生社会を実現する環境経営 | トップページ | 挑戦する勇気 »