« 国際生物多様性の日 | トップページ | 環境経営のスーパーマーケット・ニシヤマ »

2009年5月23日 (土)

分りやすい教え方

20090430 23日(土)本人が勉強しようと・学びたいと考えたときが一番教わっている内容の吸収が早い。やる気が出ているときは、最も短時間で学習効果が上がる。■勉強しようとする人が、これは役にたつとか、面白い、楽しいと興味をもったときが効果が出ます。■他人から言われてやる場合と、自分から進んでやる場合はとでは、大きな違いがあります。■自発的、主体性が大切ですね。「やらされる」のではなく「やる」と思え(プロフェショナルたちの脳活性化法P.123)。■ブルーバックス「分りやすい教え方」の技術、「教え上手」になるための13のポイント(藤沢晃治著、講談社)  ■4月30日ブログ:「教え上手」になるための13のポイント
■6月14日(日)から21日(月)までアイルランドへ出かけます。ダブリンでは一般の市民の御宅に3日間泊めていただきます。ダブリンとは9時間の時差があります。
■地球の歩き方「アイルランド」ダイヤモンド社
■ワールドガイド「アイルランド」JTBパブリッシング
■高橋哲雄著「アイルランド歴史紀行」ちくま学芸文庫

|

« 国際生物多様性の日 | トップページ | 環境経営のスーパーマーケット・ニシヤマ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。