« 忠恕の精神と生物多様性 | トップページ | 生物多様性の「測り方」 »

2009年6月 7日 (日)

石油をめぐる英米の国際資本と激突の歴史

7日(日)のルソンの壷は大阪市に本社をおく大塚食品。▼ 昭和43年、世界初のレトルトカレーを発売し、これまで25億食を売り上げるベストセラー食品に。
■21.00からのNHKスペシャル「第3回 通商国家の挫折」は興味深い内容でした。▼貧しい島国として世界にデビューした日本は、貿易によって富を得る戦略を立てた。▼国家と一体となり経済の屋台骨を支えた総合商社、三井物産を通して日本経済の興亡をたどる.。▼石油をめぐり英米の国際資本と激突した結果、富の源であった世界市場から閉め出されることになった。

|

« 忠恕の精神と生物多様性 | トップページ | 生物多様性の「測り方」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。