« ISOの文書と一般文書 | トップページ | 忠恕の精神と生物多様性 »

2009年6月 5日 (金)

私たちのグリーンニューディール

S20090605_22S20090605_36_2S20090605_1   5日は環境の日。1972年、地球環境問題の解決に向けた政府間協議の原点となった「国連人間環境会議」のための、世界各国の代表がスエーデン・ストックホルムに集まった日です。以来37年、地球温暖化と環境破壊は深刻度を増しており、持続可能な低炭素社会を実現するために、世界が一丸となって実効ある行動を起すことが現下の課題 です。■第9回 環境経営学会 年次総会、2009年度 研究報告大会が5日(金)、6日(土)の2日間、東京大学・生産技術研究所・コンベンションルームで開催され、参加しました。
■2009年度環境経営学会研究報告大会
▼大会統一テーマ「私たちのグリーンニューディール」~地球と経済の再生のため~
▼11.00定時総会
▼13.00学会長挨拶、山本良一会長、西澤 潤一名誉会長、
       祝辞 小林光(環境省総合政策局長)
▼13.50基調講演「環境福祉学から考察する環境」炭谷茂(社会福祉法人_恩賜財団 済生会理事長)
▼14.50:2009年度学会賞表彰式並びに受賞者記念講演
    中野孝司「京都議定書状況下でのCO2削減リスクと国内CO2排出権取引の有効性についての一考察」
    中丸寛信「地球温暖下と環境マネジメント」
▼15.20シンポジウム「グリーンニューディールの国際比較」~私たちのグリーンニューディール、日本の選択~
  ▼18.00懇親会(コンペンションホール付属ホワイエ)
S20090605S20090605_40 ■ 山本良一著『温暖化地獄 Ver. 2――脱出のシナリオ』。山本良一・東大教授が提言「温暖化地獄」脱出のための低炭素革命。私たちは温暖化地獄の1丁目に入ってしまったのではなかろうか。国際社会は地球温暖化問題に対して初期的対策の段階から環境革命、低炭素革命の段階へと政20090605策を発展させようとしている。■西澤 潤一 著「環境・資源・エネルギー問題解決のための独創エネルギー工学 」。「水力発電+直流送電ネットワーク」「バイオメタノール」「水熱化学利用の循環システム」etc
■今夜の宿は銀座吉水。ホテルや旅館など観光施設を対象とした世界的な環境認証「グリーンキー」の日本第一号となる認証取得ホテル・旅館S20090605_2の一つとして選ばれました。▼旅館吉水は全客室数11部屋、木造で、自然素材の土壁、無農薬のイグサ畳や綿の布団、和紙の障子など伝統的な宿です。▼テレビ、電話、PC、鍵はなく、サービスの提供もありません。▼布団は自分で敷くことになっていました。▼その代わり、ホスピタリティーを提供するユニークな宿のため、宿泊客の大半は外国人です。

|

« ISOの文書と一般文書 | トップページ | 忠恕の精神と生物多様性 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。