« ダブリン滞在中は大変お世話になりました | トップページ | ハイブリッドカー、自動車産業の救世主なのか »

2009年6月21日 (日)

アイルランドから帰国

S20090611map_ireland 21日(日)アイルランドから帰国。アイルランドに比べ蒸し暑い大阪です。アイルランドの緑一杯、みどりの乏しい大阪。■今回の旅行で撮った写真は501枚、1.62GB、■留守中のメールが500通。■明日から仕事開始。■アイルランドの緑の謎は? アイルランドの農業政策の資料を見つけました。狭い面積での酪農では引合ない。アイルランド農業はEUから補助金を得ています。■アイルランドは英国エコノミスト誌2005年版で世界一住み安い国と評価された■90年代に入って急速に成長して今や一人当たりGDPは世界4位(日本は18位)。■OECD資料「一人当たりGDP」:①ルクセンブルク(70,600米ドル)、②ノルウェー(48,162)、③アメリカ(41,827)④アイルランド(39,019)
リスボン条約可決へアイルランドに特例 EU首脳会議2009年6月19日
アイルランドの危機2009.05.06
ブライアン・カウエン首相(Taoiseach Brian Cowen)の講演会2009.1.16
アイルランドの語学研修2008.06.29
アイルランドのリスボン条約否決の波紋2008.06.27
転換期を迎えたアイルランド経済~住宅バブル崩壊の影響と新規EU加盟国への示唆
2008.06.27 発表元:三菱東京UFJ銀行
■アイルランド:国民投票でEU基本条約を否決2008.06.14『毎日新聞』
■アイルランド:国民投票「批准 が 否 決 さ れ た 背 景」2009.06.13
■アイルランド:国民投票開始!2008.06.12
■土曜日の日経に前アイルランド大統領のメアリー・ロビンソン氏のインタビューが載っていた200803.02アイルランドの経済概況2007」ジェトロ 2007年5月-2007.06.05
CAP改革 アイルランド農業所得の94%がEU補助金 
小規模農家撤退は不可避、農業情報研究所(WAPIC
)2006.9.19
アイルランドの農業概要Last Modified:2005.09.15
■石塚秀雄の海外ワーカーズコープ漫遊記 アイルランド
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アイルランドのワーカーズコープ
『仕事の発見』第29号(1998年2月)所収
1.共同しないと生きていけない貧しい土地1998.02
■4-1. 共通農業政策(CAP)前の各国農業の状態
EIRE NUA(エーレ・ヌア)――新民主主義
アイルランド出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

|

« ダブリン滞在中は大変お世話になりました | トップページ | ハイブリッドカー、自動車産業の救世主なのか »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。