« 最初の挨拶は何千倍もの値打ちがある | トップページ | 化学品規制(REACH規則)を巡る事情 »

2009年7月 9日 (木)

苦情対応マネジメントシステム

S20090709iso 9日(木)18:30~中小企業診断協会大阪支部の第85回 ISO研究会に参加しました。■研究会のあと、論文受賞記念懇親会で懇親を深めました。
■受賞論文の表彰状と賞金の披露
■常任理事会、研修委員会の報告          
■8月20日(木)臨時例会「苦情対応マネジメントシステム(ISO10002)」
■お客様からの苦情を貴重な意見と捉え、製品・サービスの向上=顧客満足度の向上につなげることが重要です。苦情対応マネジメントシステム(ISO10002)は、苦情に対する適切な対応の仕組みです。ISO10002の認証取得により、苦情に関する情報がマネジメントレベルまで伝わり、スタッフの顧客に対する意識と組織の評価を向上させることができます。
■9月はシンポジウム参加、スキルアップ研修会の参加にかえます。
    

|

« 最初の挨拶は何千倍もの値打ちがある | トップページ | 化学品規制(REACH規則)を巡る事情 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。