« 原点回帰で危機に挑む | トップページ | 人生を変える出会い・勉強会(日本小集団協会) »

2009年7月18日 (土)

『ありがとう力』で会社は変わる

20090718 18日(土)ジュンク堂書店で福原裕一著「『ありがとう力』で会社は変わる、当たり前だけどなかなかできない“感謝し合う組織”のつくり方 」を購入しました。
■目次
はじめに たかがありがとう、されどありがとう
序 章 我が社の大躍進はたった一つのフレーズから始まった
第1章 「ありがとう」の一言にはこれだけのパワーがある
第2章 最初が肝心、「ありがとう」がなじむ風土をどうつくるか?
第3章 こんなとき、こんな場面で使うと効果は無限大!
第4章 やがて訪れる“マンネリの壁”はこうして乗り越えよう
第5章 ありがとうの輪をお客さま、取引先にも広めよう
第6章 「HAPPY&THANKS」に取り組んで本当によかった!
おわりに すべては「ハッピー・ハッピーの関係」を築くために
■(裏表紙)社員もアルバイトも皆、
「ありがとう」の素晴らしさを実感しています!
◎他人がやってくれた小さなことに、なんでも「ありがたいな」と思えるようになった
◎もともと個人プレイヤーだったのに、いまではチームで働くことが楽しくなっている
◎部下にあれこれ言うのが嫌だったのに、「ありがとう」と言ってもらったことにより、
 いまでは自信をもって指示を出せるようになっている
◎自分の存在意義を感じることができ、毎朝、会社に来ることが楽しくなった
◎心なしか他所で「礼儀正しいね」と言われるようになっている
◎人と別れる際に、明るい気持ちで手を振ることができるようになった
◎お客さまのクレームにも、勇気をもって臨めるようになった
◎「仕事を強制的にやらされている」という気持ちが、まったくなくなってしまった
◎自分の性格が、ものすごく明るくなったような気がする
■他のビジネススキルは後回しでもいい。まずは「ありがとう」と言えることを探し出すことからはじめてください−。社員・アルバイトなどのスタッフ、お客さま、さらには取引先のすべてがハッピーになる究極の秘訣。感謝の言葉と行動の連動性に着目し、謙虚な心を会社に根づかせて人材を育成、業績を上げるノウハウを伝授。
■福原さんのいう「お客様の心理の7段階」(120ページより)
1.被害者意識:こんなお店、来なきゃよかったよ。
2.不満足:あんまり、いいお店じゃなかったよなぁ
3.満足:期待通りだな
4.喜び:まままあ、いいお店だったな
5.感動:このお店のサービスは、なかなかないぞ。素晴らしい!
6.感激:なんて、いいお店なんだ!今日は来てよかった!
7.感謝:本当に、ありがとうございます!
■関連ウエブ:KUURAKUホームページ
■関連ウエブ:「ありがとう戦略」(2009年1月24日ブログ
■関連ウエブ:「ありがとう」の一言に心を込める
■関連ウエブ:言葉の花束「ありがとうは<奇跡の言葉>である
■関連ウエブ:「ありがとう経営」のすすめ
■関連ウエブ:「ありがとう経営」掲載の実践企業事例
■関連ウエブ:「ありがとうカード」

|

« 原点回帰で危機に挑む | トップページ | 人生を変える出会い・勉強会(日本小集団協会) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。