« For the People ~すべては人々のために~ | トップページ | 世界と戦う人材とは »

2009年7月23日 (木)

見える化

S20090723S20090723_1S20090723_2   23日は大暑、暑さ本番。技術向上研究会7月例会は中山哲郎さんの発表でした。■テーマは遠藤 功著「見える化」要約:■現場力を強化するには、現場が能動的に高次元の問題を解決する問題解決能力を磨くことが必要である。そのためには、問題を発見すること、つまり「見える化」が重要。
■遠藤 功著「見える化」要約
1.はじめに
 実績値や計画をグラフやチャートにし、ボードや壁に張り出しさえすれば「見える化」をやっていると安易に考えているケースは多い。
2.「見える化」とは何か
2-1現場力と「見える化」
(1)経営の3要素
(2)「現場力」とは
(3)「問題」とは?
(4)「見える」ことの力
(5)トヨタにおける「アンドン」の本質的意味
(6)「見る」ではなく「見える」
(7)「見えている」と勘違いしている4つの共通点
(8)「見える化」とは「見せる化」
(9)計画達成のPDCA+問題解決のPDCA=ダブルループのPDCA
(10)「見える化」は経営思想
2-2「見える」メカニズム
(1)企業に起こりがちな4つの「視覚異常」
(2)「見える化」の4つのバリエーション
(3)「見える化」の4つの落とし穴
3.「見える化」の体系
(1)見える化カテゴリー1 問題の見える化
(2)見える化カテゴリー2 状況の見える化
(3)見える化カテゴリー3 顧客の見える化
(4)見える化カテゴリー4 知恵の見える化 
(5)見える化カテゴリー5 経営の見える化
(6)システムとしての「見える化」を構築する
(7)見える化すべき3つの情報

|

« For the People ~すべては人々のために~ | トップページ | 世界と戦う人材とは »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。