« 天神祭り | トップページ | トレハロース »

2009年7月26日 (日)

“ハラペコを体験する”授業

26日(日)、7.30からの毎日TV「がっちりマンデー!」は経済産業省で働く方たちの努力と戦いの模様を紹介していた。特許の審査官の調査の状況などの特別取材でした■ルソンの壷は大阪ガス社長の尾崎 裕さん。「大阪ガス」の新ビジネス。■ようこそ先輩は、2006年ミス・ユニバースジャパンに輝いた、知花くららさんの授業は「背筋を伸ばし美しい歩き方」から。■2007年からWFP(国連世界食糧計画)のオフィシャルサポーターを務める知花くららさんの“体で感じる”食の授業でした。6年生の子どもたちは街に出て、食べるものがなかった時代のことを高齢者から教えてもらう。■宿題はその日の夕食と翌朝の朝食を芋1本だけですごすという“ハラペコを体験”。■今朝の朝日新聞の経済コラム・補助線には「社会的営業免許」の記事があった。■国連環境計画の末吉竹二郎さんは、新著の中で、「社会的営業免許」という考え方が世界的に広がっていることを紹介している。■企業は自社の利益と同時に社会全体の利益のためにも頑張らないといけないという考えだ。そして両社を結びつけるのが、いまは温暖化対策だと指摘する。■「地球に優しい」企業が残る。

|

« 天神祭り | トップページ | トレハロース »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。