« いかに顧客を知らないか自覚しよう | トップページ | CSRは地球を救えるか? »

2009年7月29日 (水)

昨秋以降に拡充・新設された中小企業向けの主な助成金

29日の朝日新聞に紹介されていた昨秋以降に拡充・新設された中小企業向けの主な助成金です。
中小企業緊急雇用安定助成金
・売上の減少などで従業員を一時的に休業させる場合、休業手当を9割まで助成(上限あり)
特定求職者雇用開発助成金
・60歳以上65歳未満の高齢者や、母子家庭の母親などを雇えば、60万円などを支給。助成期間1年。
高年齢者雇用開発特別奨励金
・65歳以上の高齢者を週20時間以上雇い入れると、60万円などを助成。助成期間1年
派遣労働者雇用安定化特別奨励金
・派遣期間終了までに派遣労働者を直接雇用した場合、1人につき2年半かけて計100万円などを支給。
障害者雇用ファースト・ステップ奨励金
・障害者雇用の経験のない中小企業が初めて障害者を雇った場合、6ヵ月経過後に100万円支給。
若年者等正規雇用化特別奨励金
・内定を取り消された新卒者などを積極的に雇用すれば、3年間にわたり計100万円支給。

|

« いかに顧客を知らないか自覚しよう | トップページ | CSRは地球を救えるか? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。