« 大切なのは一呼吸一呼吸の今である | トップページ | 食品安全マネジメントシステム »

2009年8月13日 (木)

上司と部下との好ましい関係

貞観政要は「帝王の業、草創と守成と孰れか難き」の言葉でリーダーの帝王学の原典。中国史上稀に見る治世「貞観の治」を成し遂げ、名君として誉れ高き唐王朝二代皇帝の太宗と重臣達の間で行われた政治問答を史家 呉競が編纂。■『貞観政要』では、組織において永遠の課題である「上司と部下との好ましい関係」について、あるいはリーダーの在るべき姿、人材活用の方策など、組織を維持・発展させていくための要諦が解き明かされています。■「貞観政要」:出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

|

« 大切なのは一呼吸一呼吸の今である | トップページ | 食品安全マネジメントシステム »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。