« 脳は新しいものに触れると、生き生きと活動を続ける | トップページ | モノ作りの転換 »

2009年8月19日 (水)

世界の自然エネルギーの発電能力

19日(水)は東京へ。移動車中は、原稿の校正に集中する。■日経夕刊に自然エネルギーの記事、「独仏、洋上に風力、米は太陽熱」。■欧米が風力や太陽熱などの自然エネルギーを利用した大規模な発電インフラの整備を急拡大している。■自然エネルギーの能力増強投資は最近2年間に倍増。■世界全体の発電に占める自然エネルギー(水力は除く)の割合は約1%だが、2020年には約10%に高まる見込み。
■2008年の世界のは下記のとおりです。
■太陽光発電能力1473万KW(欧州太陽光発電産業会)
■太陽熱発電能力50万KW以上
■風力発電能力12079万KW(世界風力エネルギー会議)
■地熱発電能力973万KW(2007年欧州地熱会議)
■NEDO海外レポート「太陽光発電・バロメーター2009年(EU)」2009.5.20

|

« 脳は新しいものに触れると、生き生きと活動を続ける | トップページ | モノ作りの転換 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。