« 「頭がいい」とは、記憶を引き出して組み合わせる能力 | トップページ | 大切なのは一呼吸一呼吸の今である »

2009年8月11日 (火)

恕の会

11日(火)早朝勉強会は各自の挑戦テーマの発表でした。■朝礼では組織が変わるためにはまず各自が変わること。
自分が変われば 相手が変わる
相手が変われば 心が変わる
心が変われば 言葉が変わる
言葉が変われば 態度が変わる
態度が変われば 習慣が変わる
習慣が変われば 運が変わる
運が変われば 人生が変わる
S20090811_2S20090811_7S20090811_8_2   ■夕方からの中小企業診断士「恕の会」の例会は次の2つのテーマでした。
■石丸敏正氏の「生命保険の基本はこの3つ」
■橋本博氏の「ゴースト・バスター手法による問題解決」でした。
■ゴースト・バスターとは1990年M社本社経理部の中に誕生。■ゴースト・バスター手法とは:いろいろな問題解決手法を必要に応じ、ツールとして活用しながら、経営理念に照らして、現実の問題をあるべき姿に向けて解決していく総合的な手法。■ゴースト・バスターの特徴は経理業務を非効率ししている幽霊退治部隊。幽霊の発生している現場に出向き、現場と一緒になって幽霊退治。触媒役、現場の気持ちと一体になるまで待つ。指摘するだけの監査と違う、問題発生の要因から処方箋まで示し、見届ける。鳥瞰図を駆使、会議の進め方のルール、電子黒板活用。なぜなぜを5回繰り返し、本質課題を見つける。解決策:業務レベル、管理レベル、経営レベルに区分。■全社員に、この会社をどのように変えるべきかを考えてきてもらう。その全員の意見をまとめる。次に経営理念も検討する。

|

« 「頭がいい」とは、記憶を引き出して組み合わせる能力 | トップページ | 大切なのは一呼吸一呼吸の今である »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。