« 未来をひらく福澤諭吉展 | トップページ | 世界の自然エネルギーの発電能力 »

2009年8月18日 (火)

脳は新しいものに触れると、生き生きと活動を続ける

8月18日の8時からの早朝研修会は役員、部課長対象のリーダーシップ研修でした。■今日の言葉は「三世因果(さんぜいんが)」、「三世」は、過去・現在・未来。「因果」は、悪行や善行が原因となって、それにふさわしい報いを受けること。■「因果応報(いんがおうほう)」は よい行いをした人には良い報い、悪い行いをした人には悪い報いがある。過去および前世の因業に応じて果報があるという意。■北の大地、(財)健康生きがいづくりアドバイザー橋本立明さんから「言葉の花束」をいただきました。■プラス魅力「19209.8.15.doc」をダウンロード   してご覧ください。
☆  脳は新しいものに触れると、生き生きと活動を続ける
 ――茂木健一郎「脳を活かす生活術」(PHP)    
☆ 「好きなこと」「やって気分のよいこと」をすることこそが、健康を増進 ――石原 結実・医学博士「好き嫌い健康法」(講談社)

|

« 未来をひらく福澤諭吉展 | トップページ | 世界の自然エネルギーの発電能力 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。