« 世界遺産の「宝頂山と北山の仏像石刻」 | トップページ | 中国市場勝ち組2割 »

2009年8月28日 (金)

成都のトヨタと伊勢丹の企業見学

S20090828_35S20090828_30S20090828_34   28日(木)の見学先は10.00から四川一汽半田汽車有限公司です。■中国第一汽車集団公司(一汽集団)とトヨタの生産合弁会社である四川一汽トヨタ(Sichuan FAW Toyota Motor Co., Ltd.:SFTM)は、2010年前半を目処に四川省成都市の工場を現在の成都市成華区から、同市内成都経済技術開発区(龍泉)新区に移転し、新工場の生産能力を現在の年間1万3000台から、3万台に引き上げることを発表しています。■SMTFは、前身の四川トヨタで1998年11月に20090807 設立され、2005年7月には新たに四川一汽トヨタとして設立。■同社は、今回移転する四川省成都市の工場と吉林省長春市の工場の2つの工場で生産をしています。■成都工場は、2000年10月から生産を開始し、コースター、ランドクルーザープラドを生産。■成都工場もQC活動は熱心、年々拡大している。■組み立て工程は塗装以外を見学した。溶接・塗装も手作業であった。■トヨタ中国法人は24日にカムリなど4機種をリコールすることを発表しました。販売に影響? ■2009年の中国の新車市場は1100万台以上に増えそうで世界最大市場になるのはほぼ確実でしょう。1月~6月が17%増の609万台で過去最高となっています。国内大手3社の4~6月期の販売台数、トヨタは15.5万台、日産18.8万台、ホンダ13.9万台。日産が前年同期比28%増で、最も売上を伸ばしています。
■午後の見学先は成都伊勢丹S20090828_60
S20090828_69S20090828_66S20090828_72■店内見学に先立ち、次のような講義をうけた。
1.成都伊勢丹の概要
2.人材市場の変化
3.沿岸部と山間部
4.四川省、成都市について
5.なぜ中国西部地区の景気が注目されているのか?
6.中国で日本の小売業が成功するために
■売上は絶好調、昨年比35%増。キャッシュフローも黒字。■元気の良いお客さんは、個人企業の経営者。業種は多種にわたるが、中でも不動産・建築関連業が特に良い。■四川省、成都市の人は楽天家、浪費家の人が多い。S20090828_91 S20090828_108 S20090828_150 S20090828_159 S20090828_162 S20090828_177
■夜は名物の「陳麻婆豆腐店」の「マーボー豆腐」。
■川劇の見どころは変面。手を振ると、顔が変って、何回 も振ると、何回も変る。どうやって変面しているのかは謎です。S20090828_192 S20090828_206

|

« 世界遺産の「宝頂山と北山の仏像石刻」 | トップページ | 中国市場勝ち組2割 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。