« ISOで組織とヒトを元気にする | トップページ | 太陽光発電 »

2009年9月10日 (木)

A-STEP

S20090910_1   10日(木)5時45分起床。新大阪6時24分発のぞみで上京。9時25分東京事務所へ出社。■独立法人科学技術振興産学連携展開部では、研究成果最適展開支援事業A-STEPの第2回公募を実施中です。■9月11日(金)14:00-16:00 TKP大阪梅田ビジネスセンターにて「A-STEPの第2回公募内容について」説明会が行われます。 ■A-STEPは大学・公的研究機関等で生まれた研究成果を基にした実用化を目指すための幅広い研究開発フェーズを対象とした技術移転支援制度です。■大学等における研究成果の中に潜在しているシーズ候補を企業の視点から掘り起こして、シーズとしての可能性を検証して顕在化させるといった実用化に向けた初期のフェーズから、顕在化したシーズの実用性を検証する中期のフェーズ、また、研究成果を基にしたベンチャー起業により実用化をめざすフェーズ、さらには製品化に向けて実証試験を行うために企業主体で企業化開発を実施する後期のフェーズまで、それぞれの研究開発フェーズの特性に応じた複数の支援タイプを用意しています。■県連ウェブ:研究成果最適展開支援事業(A-STEP)
S20090910_7S20090910_8_2■18時30分から本町の商工会館でシンポジウムに出席しました。■テーマは「期待されるこれからの診断協会&診断士像」で講師は社団法人中小企業診断協会会長 新井信裕氏でした。■関連ウェブ:中小企業経営診断シンポジウム11月5日・6日■関連ウェブ:独・中小企業基盤整備機構 

|

« ISOで組織とヒトを元気にする | トップページ | 太陽光発電 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。