« 雇用を担う3産業は「バイオ産業、コンテンツ、航空機」 | トップページ | リアルタイム品質管理 »

2009年9月 3日 (木)

太陽電池製造で世界一の中国

20090908 週刊エコノミスト(2009/09/08)は, 「燃える太陽光発電」を特集しています。特集「燃える太陽光発電」の主な内容は下記です。
▼大型投資相次ぐ日本(2)-太陽電池の構造と用途

▼研究開発力を底上げする産学官の連携

▼瀬戸際に立つ日本の国際競争力-6項目で診断

▼2015年には8兆円産業に-急拡大する市場

▼低コスト化に適した薄膜系、化合物・有機系にも将来性
▼各太陽電池の特徴一覧表、結晶シリコン
▼原材料に高いウエート材料の技術革新がカギ-コスト構造
▼原料製造装置の有力24社/多結晶シリコンの雄、生産能力増強
▼住宅用発電システム・充実する助成制度6・5年で償却のケースも
▼中国、太陽光発電の補助金制度施行で巨大マーケット誕生か
■太陽電池製造で世界一となった中国で、中国財政省は7月21日、太陽光発電プロジェクト向けの投資に50%の補助金を支給する計画を発表しました。送電網に連結する送配電システムも補助金の対象となる。■過疎地および電力が普及していない地域での独立した太陽光発電システムに対しては70%の補助金が支給される。■一方、送電会社は、プロジェクト会社の余剰電力を石炭火力発電会社に対する指標料金と同様の価格で買い取るよう求められる。■中国政府は今後2─3年で500メガワット以上の太陽光発電試験プロジェクトを立ち上げる計画という。■太陽光発電設備メーカーの多い江蘇省では3年内に大型の太陽光発電所を20ヶ所以上建設する方針(朝日:2009.8.5)
利楽園天満橋店のタイ式マッサージでリラックスしました。

|

« 雇用を担う3産業は「バイオ産業、コンテンツ、航空機」 | トップページ | リアルタイム品質管理 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。