« 「世界の工場」から「世界の市場」へ | トップページ | 運動会 »

2009年9月18日 (金)

苦境続く東大阪市の中小企業

50)18日(金)、リーマンショックから丁度1年。東大阪市の景気回復まだ遠く、苦境続く中小企業でした。■人工衛星を独自で開発したりものづくりで有名な東大阪市、元気印の中小企業が多いのが特徴。また自動車・電化製品等の下請け企業も多く大阪のものづくりを支えています。■しかし、 今回の不況期に自動車や電化製品などの販売が不振となり製造業が直接影響を受けています。■研磨会社は、今日金曜日は臨時休業。■機械工業卸売団地の商社は大手家電メーカーからの大幅な受注減で、人件費など販管費を抑えている。中古の工作機械の商社は頑張っている。■大手電機メーカーの協力製造業では受注減で、社員が辞め、ISO14001の研修が振り出しに戻りました。

|

« 「世界の工場」から「世界の市場」へ | トップページ | 運動会 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。