« ISOとカーボンマネジメント | トップページ | 原発解体は? 放射性廃棄物処分場所は? »

2009年10月10日 (土)

住宅不況

S20091010_11S20091010_8  10日(土)のコンサルティングは、不動産事業部の現状と課題の確認でした。8.15から分譲住宅の現場の確認から。■現地住宅案内所にお客様がなかなか見に来てくれない。■モデル住宅見学への集客対策。メディア対策としての工夫もさらに必要である。■住宅分野は、内需に貢献する成長分野の中の一つであるが、実需としての住宅が低迷している。その背景には家計の消費活動の基盤となる雇用・所得環境が悪化の影響でしょうか。■国土交通省が発表した8月の新設住宅の着工数は、住宅総計で前年比38.3%減。9ヶ月連続の減少です。■関連ウェブ:国土交通省報道発表資料「建築着工統計調査報告(平成21年8月分)」■日本の世帯数は4999万世帯。総住宅数は5759万戸。■住宅政策、建築基準法の見直し(スピードアップ)も必要であろう。                                                                                                   S20091010 S20091010_2 S20091010_4 S20091010_10 ■コンサルのあと、近鉄古市駅で下車して、羽曳野市の商業施設を見学しました。■桑蓬会から再来週の24日(土)に見学予定の羽曳野市のコープ城山店Mandai河原城店です。■10、11日は古市だんじり祭りでした。本日の歩数は21525歩でした。
■関連ウェブ:古市だんじり ■関連ウェブ:古市のだんじり祭り

|

« ISOとカーボンマネジメント | トップページ | 原発解体は? 放射性廃棄物処分場所は? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。