« 営業力の『見える化』で 最強の営業組織を構築する | トップページ | 自然と調和する経済社会をめざして »

2009年10月23日 (金)

涙と笑いの奮闘記、宇宙を呼びよせた町工場のおっちゃんの物語

S20091023_5S20091023_6_2S20091023_3   23日(金)はドーンセンター5階セミナー室2での社団法人 日本消費生活アドバイザー・コンサルタント協会西日本CS研究会主催の公開講座へ参加しました。
■講師は株式会社アオキ 代表取締役青木豊彦氏
■テーマは「夢の実現・・・人工衛星「まいど1号」~中小企業の空への挑戦~」
■アオキ さんでは修学旅行生が年間1000人見学に訪れる。■社長の子供のころから、これまでの人生の出会いを話された。■学校の先生、近所の友人との交流、ダイキン工業油圧事業部さんとの出会い、ダイキン工業技術顧問によるかんばん方式の指導、ボーイング社の認定など。■東大阪市で仕事をする、住む人のイメージをよくするためには、東大阪が自慢できるものが必要だとして、人工衛星「まいど1号」の開発プロジェクト発起人をされた。■青木豊彦・㈱アオキ社長の本『まいど!』が11月7日(予定)に発売となります。▼近代セールス社から1500円です。■人工衛星「まいど1号」の生みの親であり、いまも新しく設立したLLPまいどの会長として、航空宇宙産業を大阪の地場産業とすべく奔走する青木氏が、「まいど1号」プロジェクトの経緯や地域活性化への思い、モノづくりへの情熱などを熱く語った一冊です。■涙と笑いの奮闘記、宇宙を呼びよせた町工場のおっちゃんの物語。■読んだ人に、夢をもつこと、挑戦することのすばらしさを教えてくれる内容となっています。■今夜は、青木社長の熱い話に久ぶりに感激しました。
■関連ウェブ:アオキ
■関連ウェブ:アオキ見学ブログ2007.11.19

|

« 営業力の『見える化』で 最強の営業組織を構築する | トップページ | 自然と調和する経済社会をめざして »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。