« 虫をもって虫を制す | トップページ | 戸別所得補償制度と温暖化対策 »

2009年10月13日 (火)

人脈の広さと深さ

20091013 13日(火)は早朝研修、夜は恕の会へ出席。■恕の会はいつもより少し参加者が少なかったですが、発表内容も素晴らしく、濃密な意見交換ができた。
■太田恵太郎氏「中小企業診断士としての監査役」
▼「君子は本(もと)を務(つと)む。本立ちて道生ず」【論語】(君子は根本のことに努力する。根本が定まってはじめて進むべき道もはっきりする)。▼「至誠(しせい)にして動かざる者は、いまだこれあらざるなり」【孟子】(真心を尽くしてそれでも心を動かされないものはこの世にない)▼論語に学ぶ「アドバイスの留意点」など、示唆に富む内容でした。
■中坊久継氏「コンサルの仕事で感動と出会う」
▼「得手に帆あげ、潮どきをとらえる」。▼全ては人との出会いから。金看板は何か?▼コンサルタントに求められることは広い視野でみること。▼コンサルティングファームを立ち上げ、多くのコンサルタントを育てられ、中坊様の長年にわたるコンサルタントとしての心がまえ、診断士としてのやりがい・感動した話などをお聞かせ頂きました。■お二人の共通している「大切なこと」は、コンサルタントは「人脈の広さと深さ」で勝負が決まる。
■関連ウェブ:小泉成器株式会社
■関連ウェブ:㈱NMR流通総研
■ 次回、11月度の「恕の会」交流会の日程
1.日時:11月10日(火)18時30分~20時
2.場所:商工会館7階703会議室
3.発表者:宮迫敬昌様、森下勉様

|

« 虫をもって虫を制す | トップページ | 戸別所得補償制度と温暖化対策 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。