« 地方ならではの儲かり戦略 | トップページ | コンセプトの共感 »

2009年11月 9日 (月)

中国の省エネルギー・環境産業の市場規模37兆円(2012年)

9日は20.10まで東住吉区の製造業でISO9001の研修でした。■今日9日の日本経済新聞によると、中国政府は同国の省エネルギー・環境産業の市場規模が、2012年に2兆8000億元(約37兆円)に達するとの見通しをまとめました。▼それは、08年の約3倍で、国内総生産(GDP)の10分の1近い規模になります。▼中国政府は環境産業の育成を成長戦略の要と位置付けており、この分野で強みを持つ日本企業の商機も広がりそうです。▼中国国家発展計画委員会の解振華副主任が8日、北京で開かれた「日中省エネルギー・環境総合フォーラム」で明らかにしました。▼同副主任は「環境産業の技術や設備を高め、効率の高い省エネ製品を普及させ、省エネ・環境サービス業の発展を速めることは中国の環境政策の主要任務になる」と語った。
▼中国環境保護省によると、08年の同国の環境産業の市場規模は約9000億元。▼政府が昨年11月に打ち出した2年間で4兆元を投資する景気刺激策でも、約5%にあたる2100億元が省エネ関連に割り振られました。

|

« 地方ならではの儲かり戦略 | トップページ | コンセプトの共感 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。