« 今こそ「移民政策」を | トップページ | 中国の消費者の生活行動調査 »

2009年11月23日 (月)

纏向遺跡へ、古代国家の起源を探るカギ

S20091123_6S20091123_9S20091123  23日は労働感謝の日、朝もやの中を電車は桜井へ。桜井市内の靴下製造業でのお仕事でした。■来春は上海工場の指導を予定しています。■帰途、JR桜井線巻向駅で下車して、11月10日報道された纏向遺跡へ。■現地に建てられた柱跡の黄色い杭柱列の跡は、残念ながらすでにブルーシートを被せていました。■ 纏向遺跡は弥生時代の終りにこつぜんと出現した大規模集落の跡です。古代国家の起源を探るカギを纏向遺跡が握っています。

|

« 今こそ「移民政策」を | トップページ | 中国の消費者の生活行動調査 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。