« 中国の消費者の生活行動調査 | トップページ | 仕事が感動に変わる、仕事の心構え »

2009年11月25日 (水)

事業仕分け

S20091125_3S20091125_2S20091125_4  天満橋10.40発南海橋本駅でJRへ乗り換えてJR和歌山 線五条駅(12.20着)へ。
■橋本駅で13分の乗り換え時間があったので、下車して駅前通りを散策できました(写真は駅前)■品質・環境の統合システムのコンサルティングでした。
■本日は全社員参加で、対象社内文書45種類の事業仕分けでした。文書のスリム化を検討し、結果は廃止する文書が12、運用面と文書の様式を見直す対象文書が7でした。
■奈良市の事業仕分けが日曜・祝日の22、23日に市役所内で市民らに公開されて行われ、2日間で約780人が傍聴した。■仕分け作業は民間シンクタンク「構想日本」(加藤秀樹代表)のメンバーと公募した市民ら計21人が担当した。■対象とした60事業のうち16事業が「不要」(14事業)や「民間実施」と判定された。残りの大半が「要改善」「民間委託を拡大・市民参加を進める」と指摘された。■行政刷新会議の「事業仕分け」の最終日の27日に上京して傍聴することにしています。■ISOマネジメント12月号は「完全図解・内部監査の基礎知識50」の特集です。

|

« 中国の消費者の生活行動調査 | トップページ | 仕事が感動に変わる、仕事の心構え »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。