« 経営ツールとしてのISO | トップページ | 中国重慶・成都への進出成功の秘訣 »

2009年11月20日 (金)

「中国なし」で生活できるか

20091121 20日(金)、明日のユニコン会での発表に備え、参考図書を購入しました。
■丸川知雄著「中国なし」で生活できるか(PHP)
■VOICE12月号、特集「2010年の中国経済」
■ジェトロセンサー2009.9、特集「最新中国マーケティング事情」
■丸川知雄著「中国なし」で生活できるか(PHP)の目次
はじめに --「中国なし」の生活は送れるのか
序章 日本と中国の貿易関係
第1章 食卓の主役は中国産? ~中国の食品は本当に危険なのか~
第2章 世界の衣服工場・中国 ~「日本製」のなかに潜む中国製品~
第3章 グローバル化するモノづくり ~電化製品・情報サービスに見る中国製品への依存~
第4章 身の回りに溢れるMade in China ~家具・日曜品輸入の知られざる実態~
第5章 中国製の自動車が街を走る日 ~日中自動車・オートバイ・自転車産業の行く末~
終章 中国への依存をどう考えるか
■本書では、現代中国の産業研究を専門とする著者が、中国製品への依存の実態と生産現場の実情をレポートしています。中国製品とのかかわりを通じて、日中の複雑に絡み合った貿易事情が見えてきます。■5章が興味ありました。「急拡大する中国の自動車産業」「競争を繰り広げる外国メーカー」「「政府の期待を裏切った国有メーカー」「中国から自動車を輸入する日は来るのか」「中国で苦戦する日本のオートバイ」「日中で異なるオートバイの需要層」「中国への依存度が高い自転車」など、わかりやすい本です。■これから、明日用にパワーポイントの画面を47画面ほど作成します。

|

« 経営ツールとしてのISO | トップページ | 中国重慶・成都への進出成功の秘訣 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。