« H&Mとイケア、スウェーデン企業の強さはどこに? | トップページ | 内需拡大へと構造転換を図る中国で飛躍する企業の条件は? »

2009年11月29日 (日)

必要な時・必要な数量

「がっちりマンデー!」段ボールNo.1会社レンゴー!意外と知らない段ボールのヒミツを徹底解明! ■段ボールは段ボールのリサイクル製品です。■さらなる厚さを薄くすることで省資源化。レンゴーはお客様の新商品の企画段階からその商品の販売促進効果とトータルコストを考え、商品を直接包むフィルム包装から個装、内装、段ボールケース、パレットにいたるまで一括して提案する。パッケージのすべてを取り扱うことで、あらゆる視点からの提案を可能にしている。■レンゴーのコルエアダクトはアルミニウム箔をラミネートした段ボール製の空調ダクトです。■従来の鉄板ダクトに比べて軽量であり、段ボール特有の中空構造により、保温工事が必要なく、現場での施工性に優れています。■レンゴー(株)
■ルソンの壷は仏壇仏像のクリーニングという事業で成長を続ける大阪のメイクリーン。■独自の洗浄技術と出張サービスを武器に、独自の分野を開拓してきたメイクリーン・上江田社長の経営哲学のお話でした。
■粗利30%、久留米の松本商店のビジネス成功の秘密は? ■「必要な時・必要な数量」をモットーに 専門小売が多い業界において、あらゆる材料を お客様のニーズに合せて即対応し、供給してい ます。また、材料業者の媒体を最大限に発揮し 大型から精密までの部品加工を手がけています。■「必要な時・必要な数量」は他社の真似のできない朝早く、夜遅くでも届けるサービスで、顧客の満足を得ています(TVサンデープロジェクトで紹介されました)■松本商店

|

« H&Mとイケア、スウェーデン企業の強さはどこに? | トップページ | 内需拡大へと構造転換を図る中国で飛躍する企業の条件は? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。