« 無名塾の舞台『マクベス』 | トップページ | 穴水町歴史民族資料館 »

2009年11月 2日 (月)

「まいもん」とは

S20091102_3S20091102_7S20091102_10_2   「まいもん」とは、「美味いもの(うまいもの)」という言葉の能登弁です。穴水まいもんまつりは、春夏秋冬四季折々の旬の能登の味覚(=まいもん)をお客様にご提供することを目的としています。■能登鉄道の終着駅は「穴水」です。2日午後は穴水町の「日本観光旅館 ときみね海遊」に、雨降りで寒いので早めにチェックインし、眺めのすばらしい薬湯風呂で温まりました。■4階建て、130人も入れるコンベンションホールや結婚式場、大小の宴会場などもあり立派な施設です。いまは、広いロビー、喫茶処、お土産処、炭火焼処は使用されていません。■夜の料理は新鮮な魚料理「まいもん」を食べきれないほど沢山堪能しました。
■関連ウェブ:日本観光旅館 ときみね海遊

|

« 無名塾の舞台『マクベス』 | トップページ | 穴水町歴史民族資料館 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。