« おもしろい会社にしよう | トップページ | ナビタイムの世界戦略とビジネスモデル »

2009年12月 9日 (水)

ISO認証システムはなぜ効果が上げられないのか

20091209 「認証取得はゴールではありません、スタートです」。■審査登録の段階ではまだISO9001の内容は実質、試運転状態であり、認証登録後にコンサルタントの指導によりISO9001の効果を引き出すことが大切です。■認証登録されれば推進メンバーは祝杯をあげて肩の荷を下ろしてしまい、認証取得を手伝ったコンサルタントは御役御免となるのが一般的なケースです。■ISO 9001を会社経営に上手く活かす会社はコンサルタントの使い方が上手い会社です。認証後もしばらくはコンサルタントによる併走、フォローをお願いしたい。■アイソス2010年1月号の特集は「認証システムはなぜ効果が上げられないのか」、ISO 9001第三者認証制度を考える内容となっています。■ISO 9001の第三者認証制度の置かれた状況の危機意識のもと、この規格、制度、コンササルタント、認定・認証機関、登録組織などのそれぞれの課題と具体的な改善などを提案しています。■規格の意図を生かすことは難しい。加藤氏は1000社以上のJABの認定審査で、QMSの有効性のある企業は、僅か30社程度しかないと審査員の研修で述べています。

|

« おもしろい会社にしよう | トップページ | ナビタイムの世界戦略とビジネスモデル »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。