« 思考の三原則 | トップページ | 年賀状は、贈り物だと思う »

2009年12月26日 (土)

中国経済の成長の壁

20091227 中国経済の成長の壁。関志雄/編 朱建栄/編 日本経済研究センター/編 清華大学国情研究センター/編、出版社: 勁草書房。 世界同時不況の影響にもかかわらず成長を続ける中国経済。■国民の生活を向上させつつ、世界経済の成長を下支えし、中国は資源の浪費や深刻な環境汚染を解決し、少子高齢化を生産性の向上で補い、所得格差も是正していかなければならない。■こうした持続的成長の前に立ちはだかる「壁」を中国はいかにして乗り越えられるか、を論じる。■改革解放以来、中国は人類の発展に三つの大きな貢献をしている。■世界経済の成長。世界貿易の成長。世界の貧困人口減少への貢献。■中国は発展途上国の中で率先して温室効果ガスの排出量を削減し、世界最大の新規植林による炭素吸収を実行する国となり、排出削減ロードマップを発表し、2050年までに炭素排出量を1990年の半分まで削減するよう努力するべきである。
[目次]
第1章 資源・エネルギーという成長の壁―期待される日本の技術;
第2章 資源浪費と汚染の抑制―サービス産業化と技術向上;
第3章 市場化による治水変革―水資源管理の転換;
第4章 試練に立つ人口大国―労働力過剰から不足へ;
第5章 格差是正と農民の権利回復―労働力移動に戸籍制限の壁;
第6章 環境対策と民間活力―問われる世界への責任;
第7章 鉄鋼業の環境対応は中小の淘汰から―遅れる省エネ・環境設備;
第8章 循環経済は可能か―自動車リサイクルの視点から;
第9章 相互利益をもたらす日中環境協力―民間主導で互恵関係の柱に;
第10章 温暖化ガス排出削減で世界の主導国―低炭素経済が発展へのカギ 

|

« 思考の三原則 | トップページ | 年賀状は、贈り物だと思う »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。