« クリスマスプレゼント | トップページ | 中国経済の成長の壁 »

2009年12月25日 (金)

思考の三原則

「安岡正篤一日一言」(致知出版社)の6月21日、22日は「思考の三原則」を説いています。■『思考の三原則』、私は物事を、特に難しい問題を考えるときには、いつも三つの原則に依る様に努めている。
■第一は、目先に捉われないで、出来るだけ長い目で見ること。
■第二は、物事の一面に捉われないで、出来るだけ多面的に、出来得れば全面的に見ること。
■第三は、何事によらず枝葉末節に捉われず、根本的に考えるということ。
■目先だけで見たり、一面的に考えたり、枝葉末節からだけで見るのと、長期的、多面的、根本的に考えるというのとでは大変な違いがある。■物事によっては、その結論が全く正反対ということになることが少なくない。■我々は難しい問題にぶつかる度に此の心掛を忘れてはならぬ。

|

« クリスマスプレゼント | トップページ | 中国経済の成長の壁 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。