« 瀬戸内海に浮かぶ直島へ | トップページ | 日本一視察者が多いといわれる食品スーパー »

2009年12月30日 (水)

ベネッセハウス、家プロジェクト

S20091230_1S20091230_24S20091230_19S20091230_20S20091230_17_2     30日はアートの島探検です。■探検先は地中美術館、家プロジェクト、ベネッセハウス・オーバル(別館)■自然と人間との 関係を考える地中美術館にはクロード・モネほかの作品、安藤忠雄設計の建築です。■1997年に「家プロジェ クト」がスタートしました。本村地区という直島でも古くからある集落の民家を改修し、現代美術の作品に変えてしまおうという試みです。日本人は、あるものを壊し、ないものをつくる。■資源のない国で、なぜつくっては壊しつくっては壊し、という作業を繰り返すのか。その象徴が東京です。■長い歴史があるはずなのに、この国に は歴史の痕跡がない。■経済が目的化しているからです。そんな文明史観に挑戦したい。■家プロジェクトでは、そんな大きな志を抱いています。S20091230_16_2S20091230_74S20091230_63■「角屋」「南寺」「護王神社石室」「石橋」「はいしゃ」など集落の古き良き時代の雰囲気に包まれたサイトスペシャルフイックなアートばかりです。ホテルと美術館の機能を複合したのがベネッセハウスです。
■関連ウェブ:ベネッセハウス
■関連ウェブ:直島 - Naoshima - を知るS20091230_58_2

|

« 瀬戸内海に浮かぶ直島へ | トップページ | 日本一視察者が多いといわれる食品スーパー »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。