« ISO認証システムはなぜ効果が上げられないのか | トップページ | 2010年の中国とインドの経済 »

2009年12月10日 (木)

ナビタイムの世界戦略とビジネスモデル

「ナビタイムの世界戦略とビジネスモデル」、大商夕学講座は(株)ナビタイムジャパン 代表取締役社長・大西 啓介氏の講演でした。■ナビゲーションサービス市場はデータ通信の高速化や、「GPS機能搭載義務化」などによって、人々の関心は急速に広まっています。ナビタイムジャパンは2000年3月設立以来、「ナビゲーションエンジンで世界のデファクトスタンダードを目指す」という志の元、ユーザーの様々なニーズに対応しながら成長しています。■ホームからホームへの乗り換え方法や時間も考慮に入れている。■病院検索では、科目、時間、緊急指定などもわかるなど
■携帯ナビゲーション普及の3要素は
1)高速パケット通信、第三世代端末の普及
2)パケット定額制により、日常利用へ
3)GPSの高速化、自立式GPSにより1~2秒で測位
■ナビタイムジャパンのサービスやビジネスモデルなど、今後の展望についての有益なお話でした。

|

« ISO認証システムはなぜ効果が上げられないのか | トップページ | 2010年の中国とインドの経済 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。