« そのうち,そのうちと言いながら | トップページ | ベネッセハウス、家プロジェクト »

2009年12月29日 (火)

瀬戸内海に浮かぶ直島へ

20091220 WEDGE1月号の特集は「地方分権って簡単に言うな」です。■他にも興味ある記事があります。
■WEDGE OPINION.1
>>アーロン・フリードバーグ(プリンストン大学政治・国際情勢学教授)
米国は退場せよ 必ず中国は迫る 日米同盟、危機へ
■WEDGE OPINION.2
>>ブラーマ・チェラニー(インド政策研究センター教授)
日本とインドは自然な同盟相手となれる
■WEDGE Report.2
>>物流外資が加速させる企業のSCM改革
■BUSINESS TOPICS.1
>>高リスクの中国市場に切り込む住宅メーカー
S200912291_8S20091229_2■29日午後から瀬戸内海に浮かぶ直島へ。直島は岡山と香川の間に位置し、面積は8Kmほど。宇野港からフェリーで20分の距離。人口は3500人。■建築家の安藤忠雄さんの監修で、この過疎の島に現代美術を置くという試みで自然と歴史、人間と見事に調和し、活気ある町、アートを楽しむ町に変身しています。■1992年に「ベネッスハウス」の「ミュージアム」が完成。美術館の中にスイートルームまで完備したホテルです。■今回お世話になるベネッセは以前の名前を「福武書店」から「よく生きる」という意味の社名「ベネッセ」に変更した。■29日の日経によると、アニュアルリポート(年次報告書)の中で特に優れたものを表彰する「第12回日経アニュアルリポートアウオード」の審査で、今年度の最優秀賞に輝いたのがベネッセホールディングス、優秀賞にカプコン、三菱商事が選ばれた。■評価軸は「分りやすい、バランスがとれている」などでした。■ホテルの部屋は我が家と同じように白が基調で、机・椅子は自然な木目。■さすがですね、自然を重視する高価なホテルにはテレビは置いていない。■ラジオはBOSEがあり、好きなCDをフロントで貸し出しています。■部屋からから見える景色は穏やかな瀬戸内海、ほとんど波のない海という風景です。■これからベネッスハウス、ミュージアムを楽しみます。
17時からミュージアムツアー
18時ミュージアムのレストランで和食の夕食
19時50分ベネッスハウスのアートツアーへS200912291_10S200912291_16_2S200912291_21_2
   

|

« そのうち,そのうちと言いながら | トップページ | ベネッセハウス、家プロジェクト »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。