« 行動観察によるサービス改善 | トップページ | 日本発ブランドの哲学 »

2009年12月 2日 (水)

これからのサーバは二つの主流がある

これからのサーバは二つの主流があるという。■ビジネス環境が大きく変化する昨今、新たなビジネスチャンスを逃さず柔軟に対応するためには、サーバとしては「データセンタ設置」と「ローカル(現場)設置」の二つの方向性が主流になる(NECより)。 ■HPサーバ、IBMサーバ、NECサーバ、日立サーバ、富士通サーバと主要5社の比較について、大塚商会の「5メーカーのサーバ見積り」一括で、希望仕様を入力すれば、内容や価格を比較することができ、参考となります。
■関連WEB:大塚商会の「5メーカーのサーバ見積り」
■関連WEB:NECのExpress5800シリーズの目指す方向性
■関連WEB:中小企業基盤整備機構近畿支部
■関連WEB:中小企業ビジネス支援サイト■関連WEB:IT推進アドバイス事例星のや 京都が12月12日オープン ■竹下輝明さんからいただいた2日の新聞コラムです。「2009122.doc」をダウンロード  ■健康生きがいづくりアドバイザーの橋本立明さんからいただいた言葉の花束「人間は動く植木鉢、渇く前に十分な量の水を」「19909.12.1.doc」をダウンロードしてご覧ください。

|

« 行動観察によるサービス改善 | トップページ | 日本発ブランドの哲学 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。